社内インタビュー
INTERVIEW

エポックジャパン(ファミーユ)に入社したきっかけは?

エポックジャパンで働こうと思ったきっかけは、当時札幌で1日1組のご葬儀や、家族葬を行っている葬儀会社は1社もなく、エポックジャパンと他の葬儀社とは違いがはっきりと見えており、その点に魅力を感じました。またエポックジャパンが札幌の葬儀市場に参入した頃は互助会がほとんどで東京の葬儀会社が参入してくる前例がなかったため、すぐに淘汰されてしまうのではないか、と言われていましたが着実に件数を増やし、お客様に本当に満足いただいていましたことを肌で実感し、会社に将来性を感じたことも入社の一因です。

現在の仕事について教えてください

現在は北海道支社内のマネジメントをしておりますので、仕事については業務の中心的となる葬祭ディレクター業務についてのお話をさせて頂きます。ディレクターは受注後の搬送から、打ち合わせ、施行業務フォローまで、ご家族の希望に合わせて、ご葬儀が滞りなく行われるようトータルに業務を俯瞰する必要があります。ミス無くサポートすることはもちろんですが、大切にしてほしいのは、「人としてのやさしさ」をもって仕事をすることだと思って社員をマネジメントしています。私の考える「人としてのやさしさ」とは、大切な方を失って悲しまれているご家族の気持ちを思いやること、そして決して単なる儀式だけの家族葬にならないようご家族を精一杯お手伝いすることがだと考えています。

どんなときに、エポックジャパン(ファミーユ)らしさを感じますか?

1日1組貸し切りで会場を提供しているというのはもちろんですが、時にはディレクターの裁量でサプライズサービスを用意するなど、それぞれのご家族らしいご葬儀のあり方を考えている所がファミーユらしさだと感じています。たとえば、故人様が大好きだったラーメンの出前をとって祭壇にお供えし、ご遺族全員で一緒にラーメンを食べられたこともありました。その他にも、一般のご葬儀会社の葬儀では喪主様が事務的な仕事でお忙しくされることがほとんどですが、エポックジャパンではそういった業務をプラン内に含んでおりそうした手間が大きく省けます。そのためご遺族が故人様との最後の時間をゆっくりお過ごしいただくことが可能となります。最近は家族葬を打ち出している葬儀社が沢山出てきていますが、故人様との最後のお別れの時をゆっくり過ごしていただきたい、その一心でサポートしているところは他社の家族葬とは全く異なる点だと思います。

これまでで印象に残っている仕事は?

無宗教のお客様のご葬儀だったのですが、お香典を花に変えて献花でのお式を挙げたことが印象に残っています。参列者全員が花束を抱えていらっしゃったので、今まで経験したことのないとても華やかなご葬儀になりました。故人様も色とりどりの花に囲まれてきっとお喜びだったと思います。

仕事をする上で日々心掛けていることについて

何より、お客様の想いを大切にしたいですね。ご遺族が葬儀をされるニーズや背景は様々ですので、同じ葬儀は一つとしてなく決して形式的に仕事を進めることはできません。故人様のご家族が、今どのようなお気持ちなのかを察しながらも、その家族らしいご葬儀をお手伝いさせていただくために、自分に何ができるのかを常に考え行動するようにしています。

これから入社する方へメッセージをお願いします

北海道では12年前までは家族葬そのものが皆無でしたが、今ではエポックジャパンの葬儀の考え方が広くに浸透し、家族葬では札幌で最も選ばれている葬儀社となりました。他社でも類似した家族葬をパッケージにした商品を展開し追随していますが、本当にご家族の心に寄り添った葬儀をお手伝いできるのは、私たちが一番だと思っています。そんな思いを共有できる方、ぜひお越しください、一緒に働きましょう。

エントリーはこちら
インタビュー一覧