社内インタビュー
INTERVIEW

エポックジャパン(ファミーユ)に入社したきっかけは?

前職は大手互助会に約10年間勤めていました。前職の担当業務がお通夜やご葬儀を直接お手伝いできない分業制でした。私は、受け持ったご葬儀については、最後まで責任を持ってお見送りしたいという考えが強く、その方がお客様も安心していただけるのではないかと感じておりました。その点、当社では一貫して担当がご葬儀全てを受け持てるということを魅力的に感じ入社を決めました。

現在の仕事について教えてください

月を平均すると7件ほどのご葬儀を担当させていただいており、故人様のお迎えからご葬儀の打ち合わせ、実際のご葬儀の運営まで一貫して行っています。ご葬儀が入っていない時は、お客様への供養品のご提案や、ご注文いただいた商品の手配、納品など細かなことも多岐に渡ってやっています。

どんなときに、エポック・ジャパンらしさを感じますか?

故人様やご家族らしさを演出するサプライズの提案ができるところだと思います。ご葬儀を一貫して担当できますので、ご家族とのコミュニケーションの時間を取りやすく、故人様のお人柄やご家族との想い出などをお聞かせいただける場面がたくさんあります。そうして頂いたお話をヒントにして「こうやってお見送りできたら、きっと故人様も、ご家族も喜んでいただけるのではないか」と思いを巡らせながら、ささやかですが私なりの演出をさせていただいております。他の葬儀社ではこのような提案はないと思いますので、個別のお客様に本当に向き合い、心のこもったご葬儀サポートをできるのがファミーユらしさだと思います。

これまでで印象に残っている仕事は?

お客様へサプライズ演出をさせていただいたときの話で、ゴルフが好きだった故人様がいらっしゃいました。色々と考えてご愛用されていたゴルフ道具一式を祭壇の周りに飾らせていただき、また棺の中には、こちらで作成したゴルフクラブなども入れ、ご家族に大変喜んでいただけたことが印象に残っています。これは特にエポック・ジャパンでなければ出来ないことだったと思います。

どういうときに仕事のやりがいを感じますか?

やはり担当が変わらずに一貫してお客様と接していられることがやりがいとして大きいです。たくさんのご家族とご縁をいただき責任を持ってお手伝いできること、そして、ご葬儀の後も、さまざまなご相談をいただけることは、大きなやりがいにつながっています。

仕事をする上で日々心掛けていることについて

よく食べて、よく寝ることです(笑)。どんなお仕事でもそうだと思いますが、体調が悪いからと言って仕事に支障をきたしては、お客様はもちろん、スタッフの方にもたくさんの迷惑がかかってしまいますので、いつでも最高のパフォーマンスが発揮できるように、健康管理を日々心がけています。

これから入社する方へメッセージをお願いします

ファミーユには尊敬できる同僚や上司もたくさんおり、困ったときには自然に助け合う体制があります。その他職場環境、業務体制など自信を持ってお客様と接することができとても働きやすい会社だと思います。人とコミュニケーションを取ることが好きな方、それだけでも構いませんので是非当社にご応募ください。お待ちしています!

エントリーはこちら
インタビュー一覧