ページ内を移動するためのリンクです。

企業理念

●私たちはこ葬儀を通じ、家族の大切さを認識する人を増やします。

●私たちは高齢化社会の日本が直面する「ライフエンディング・ステージ」の問題を、
自ら解決する人を増やします。

●私たちはライフエンディングを考える人を増やし、もっと人生を楽しむ人を増やします。

これまでの歩み、第一次業界再生
~お葬式を家族のものに~

葬儀とは誰のためのものなのか

2000年に誕生したエポック・ジャパンの始まりは、それまでの葬儀業における“顧客にとっての不透明さ”だけでなく、
セレモニーそのものが“誰のために、どんな意味をもつものか”に本当に応えられているのか、という率直な疑問とともに
ありました。私たちは、本当にお見送りしたいご家族が故人様と向き合い、ご納得いくまで思い出を振り返る時間を
過ごすことが“葬儀”であると考えていたのです。

革新的な葬儀の形、家族葬

そして、家族葬という葬儀スタイルの確立によって、お見送りするご家族が納得いくまで時間を過ごせる葬儀のあり方を実現し、葬儀の主役がご家族に移行するよう進めました。また、今では葬儀業界のスタンダードになっている「総額プラン」の導入により、ご家族に分かりやすい費用体系を目指しました。これらは革新的な葬儀の形として社会の大きな潮流となりました。

ご家族の想い、考え方を汲み上げる葬儀の現実

しかし、私たちは「家族葬」によって単なる低コスト化やセレモニーの簡略化による葬儀の重要性の低下を提言したわけではありません。私たちは、お見送りされる人それぞれに、生前の個性や生きることへの考え方があったように、その
想いを汲み上げた様々な選択ができる葬儀の実現を目指したのであり、その形が家族葬だったのです。

これからの挑戦、第二次業界再生に向けて
~葬儀再生は、日本再生。~

家族の形やコミュニティーのあり方は時代と共に大きく変化しています。その結果、高齢化や核家族化、それに伴う孤独死や多くの自殺などが見受けられるようになりました。社会環境が変化していく中、社会で求められる様々なサービス
にも新しいニーズが生まれて来ています。しかし、時代と共に社会環境が変化しようが、“かけがえのない人との大切な
時間を愛おしむ想い”は、昔も今も変わることはありません。

まだ記憶に新しい2011年3月11日、日本は東日本大震災に見舞われました。 その深刻な現実を見て、被災した人も、
そうでない人も、あの日をきっかけに“身近に起きてしまう大切な人の死”を考えてみたのではないでしょうか。“別れの日”はいつやってくるのか分からないからこそ、大切な人と一緒に過ごせる時間を大事にしよう、一日一日を大切に生きようと感じたのではないでしょうか。

暮らしの中で“死ぬこと”や“大切な人との別れ”について考える機会は少ないでしょう。葬儀とは“いつか訪れる別れ”が現実となる機会です。葬儀とは、「大切な人と一緒に過ごせる時間を大事にしよう。」「一日一日を大切に生きよう」という気持ちを思い出させてくれる機会です。私たちは、変わることのないそのような想いを大切にしたいと思っています。だからこそ、葬儀業界はもっと、もっと変わらなければなりません。理想とする葬儀のあり方を追い求めて。